Home > 練習

練習 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

新座ウィンズ_20090516

さっそくですが、ゴリラポッド買いました。
5/16は新座ウィンズで練習しました。
下の写真のように、スタンドバッグの上にも安定してデジカメを据え付けることができます。

20090516katakura

今日の弾道は終始高弾道で、結局最後まで修正できませんでした。
スイングは基本的には変わってないっぽいです。色々少しづつ挑んではみるのですが、とたんにおかしくなるので、
すぐに戻しています。




ゴルフダイジェスト・オンライン


カタクラゴルフセンター_2009.4.29

今日もさいたま新都心のカタクラゴルフセンターにいってきました。
午後から仕事だったので、ちゃっちゃと練習して、ちゃっちゃと帰ってきました。

20090429katakura

バックスイングで手首が曲がり、シャフトが垂れて上がるのと、
オーバースイングを直す、のが今日の練習の課題でしたが、
まったく治らず。前と変わらず。前よりひどくなってるかもです。



弾道は中・高弾道。左足への体重移動が前回より足りないかも。
まあまあいい弾道が出てるんですけどね。

う~ん一日にしてならずです…。

カタクラゴルフセンターの打席のイスは、ひじ掛けが平(たいら)でデジカメが置きやすいので、
最近はカタクラに行くことが多くなってます。

新座ウィンズにも行きたいところですが、3階打席だとデジカメを置く場所がないので、
↓【ゴリラポッド】を買おうかな、と思ってます。



ゴルフダイジェスト・オンライン


カタクラゴルフセンター_2009.4.25

今日はカタクラゴルフセンターへ行ってきました。

20090425カタクラ

ユーチューブへの動画アップの技を覚えたので、
今回は、デジカメで撮った動画をアップします。

前回の動画でオーバースイングがはっきり出てたので、
今日はその点を注意しながら打ち込みました。
でも、撮ってみると、やっぱりオーバースイング気味です。
かなりコンパクトに振ってるつもりなんですけど…
「ここをこうすれば」など、ぜひぜひコメントいただけるとありがたいです。



画像をみるとカット軌道に見えるんですけど、
この日の弾道はスライス系ではなく、気持ちフック気味でした。
体が少し左に流れすぎでしょうか??

動画の2スイングに関しては、まっすぐ低弾道でボールが飛んでいます。

おおむね今日はかなり低めのいい弾道に変わってました。
「スイングをコンパクトにした(つもり)」ぐらいしか変えたところはないのですが、これまでの高弾道は、やっぱり(というか、当たり前だけど)打ち方の問題のようです。

この弾道が続くことを祈ります…。

カタクラゴルフセンター_2009.4.18

カタクラゴルフセンターにて、携帯で撮った動画をアップします。
画質が悪いです。



忌憚なくコメントくださ~い。

新座ウィンズゴルフステーション_2009.3.28

今日も、新座ウィンズで練習してきました。

20090328ウィンズ

今日も、まずスムーススイングで70~80球ほど打ち込み、
その後はドライバーの打ち込み。
合計200球打ちました。

まぐれか、まぐれじゃないのか、
今日のドライバーの第1打目の打球痕です。(奥ネットに届くか届かないか、ぐらい飛びました。)
20090329打球痕

しばらくした後の打球痕はこんな感じ。やっぱりまぐれか。
いつにも増して、打点がばらけてます。
20090328打球痕2

今日はアイアン、ドライバー共通して、
・バックスイングをコンパクトにする。
・トップ時点で手首を甲側に折らない。
・左足を中心に回転
といったところに気をつけながら練習しました。

最初はよかったものの、
この後4番アイアンを練習してからおかしくなり、
ドライバーも打球が高くなり飛距離が出なくなり…で練習終了しました。

4番アイアンで打球をあげようあげようと打ったせいか、
あおり打ちになってしまったのかもしれません。

4/4がラウンドなので、それまでには直さないと…


IZZOスムーススイング_使用レビュー

IZZOスムーススイングの使用感についてのリクエストをいただいたので、
週末の練習で徹底的に試してきました。

とはいっても一人で練習しているので、装着しているところを撮影できず…
コメントだけのレビューとなります。

まず、上腕部分までがっちりはめ込むので、
かなりの緊迫感があります。
ただ、素材がゴムで伸びるので、
フルスイング、とまではいきませんが、スリークオータースイングくらいなら可能です。

逆に、継続してスリークオーターで打ち込んでいると、だんだんこの形を体が覚え、
コンパクトなスイングになります。

あと、腕と体が同調して動くのがありありと感じられます。
常に両腕が体の正面にある感じです。

腕が緊迫されるので、いわゆる【手打ち】ができず、
続けていると下半身を使って打っていることに気づきます。

↓8番アイアンで3球ほどハーフスイングした後の打球痕です。
打球痕が少し上過ぎ(少しダフリ気味)?

ai1

なお、インパクトマーカーがラスト1枚になってしまっていたので、ドライバー用にとっておき、
シートの余った部分は捨てずに、このようにセコくアイアンなどに使っています。

↓20球ほど打ったあとの打球痕です。
総じてダフり気味?

ai2

こうして打ち続けたあと、いざスムーススイングをはずして練習してみると…

自分の場合、
まず1~2球は、いままで緊迫していたものがなくなり、少し腕が暴れます。
3球目あたりから、すばらしい打球が飛び出すようになります。

普段の番手どおりの打球より少し低めの打球に変わり、
普段よりもコンパクトなスイングでも、普段と同じもしくはそれ以上の飛距離がでるようになります。
「これが、下半身を使って打つってことなのかな」などと感じてしまいました。

私はテークバックで体を使えているかどうか、については無頓着なのですが、
腕だけのテークバックの修正、にも、効果はあるんじゃないかな、と思います。

なお、このあとドライバーの練習をし、またアイアンに戻ると、
スイングも普段のスイングに戻っちゃったりしています。。。練習練習。

ゴルフダイジェスト・オンライン


Home > 練習

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。